サーモンとにかく細かい部位別食べ比べ ②+シャトーブリアン


 前回の6種につづき残りの6種をレビューしていきます!


 前回はサーモンの背中側のお肉が多かったので、しっかりした肉質の

 ものが多かったですが、今回は腹周りなのでまた違った

 味をしていてとても楽しめました!!


⑦中落ち

         身

やわめ  ★ ・ ・ ・ ・ かため

         脂

さっぱり ・ ・ ・ ★ ・ こってり

         味

たんぱく ・ ・ ・ ★ ・ のうこう


マグロの中落ちは絶品ですが、サーモン決して負けていません!

まずスジが無い分、舌触り滑らかでとても食べやすいです。


そして脂ものっているので舌の上でジュワッとなります!

一匹から大量に取れないのが難点ですね…


⑧カルビ

         身

やわめ  ・ ★ ・ ・ ・ かため

         脂

さっぱり ・ ・ ・ ★ ・ こってり

         味

たんぱく ・ ★ ・ ・ ・ のうこう


肋骨の周りにあるお肉を牛と同じようにサーモンもカルビとしました。

想像通り、お肉自体が柔らかく

お刺身で醤油の表面に脂が浮くほどたっぷり脂がのっています!


お腹の真下、バラのレベルまで脂がのってしまうと

くどくなってしまうので、サーモンの脂を楽しみたい場合は

カルビ辺りが持って来いのようです!


⑨バラ

         身

やわめ  ・ ・ ★ ・ ・ かため

         脂

さっぱり ・ ・ ・ ・ ★ こってり

         味

たんぱく ・ ・ ・ ・ ★ のうこう


豚バラもサーモンバラも見た目は同じようなものになるようです…

お刺身で食べてみたのですが、少しくどい…


バラはグリルや炙りで余分な脂を落としてから食べるほうが良さそうです!


しかし魚油は食べて良いことしかなかないので、積極的に食べていきたいですね!


⑩ヒレ

         身

やわめ  ・ ・ ・ ・ ★ かため

         脂

さっぱり ★ ・ ・ ・ ・ こってり

         味

たんぱく ・ ★ ・ ・ ・ のうこう


シャトーブリアンを取り出したヒレ部分です。

牛肉と同じ場所のお肉を取ったのですが、ここで脚と尾の差が出た気がします。


牛肉の場合ヒレは柔らかい印象ですが、サーモンはもっとも激しく動く部分にあたり、

お肉自体は淡白で固めのお肉です。食感はもっちりとしており、

これまでご紹介した部位とは雰囲気が異なりました!


⑪モモ?

         身

やわめ  ・ ・ ★ ・ ・ かため

         脂

さっぱり ・ ・ ★ ・ ・ こってり

         味

たんぱく ・ ・ ・ ★ ・ のうこう


尾の腹側のお肉を果たしてモモというのか疑問ですが、

後ろ脚のお肉に近いということで、切り分けていきました。


ヒレを挟んで背中側がサーロイン、腹側にモモですが、

他の部位と同じようにモモのほうが柔らかめでした。

血合いも少なくなる部分なのでほとんどない臭みもさらに感じないほどになっています!


⑫旗持ち

         身

やわめ  ・ ★ ・ ・ ・ かため

         脂

さっぱり ・ ・ ・ ★ ・ こってり

         味

たんぱく ・ ・ ・ ・ ★ のうこう


珍味として、牛や豚にはありませんが腹ビレを支える筋肉と骨の部位です!


一匹から二本取れ、鶏の手羽先そのまんまの見た目、構造をしています。

中には骨が通っており、表面発達した筋肉を食べました!


部位の正式な名前がなかったので私が付けましたが、

手羽先感覚でサーモンを食べる不思議な体験をしました!

味は脂がのった鶏のササミのような部位です。


⑬シャトーブリアン

         身

やわめ  ・ ・ ★ ・ ・ かため

         脂

さっぱり ・ ★ ・ ・ ・ こってり

         味

たんぱく ・ ・ ・ ★ ・ のうこう


写真からもっちり感が滲み出ています…

今回の目標だったサーモンのシャトーブリアンをお刺身でいただきました!!


ヒレ部分の難点として小骨が多く、小骨を綺麗にとっても

スジのようなものが残り食感が少し悪くなることがあります。


しかし!シャトーブリアンは贅沢に小骨部分、血合いを避けて切り取ったので心配無用です!


とても美味しい…

一口分しかない特別感もありますが、

単純にサーモンで一番美味しい数センチでしょう!


噛まずに舌と上顎で押しつぶせる柔らかさで、

中落をぎゅっと個体にしたように舌の上で溶けていきます…


色々な意味で贅沢なサーモンの味わい方です!!


まとめ


牛肉のどのように部位でサーモンを楽しむという目標はクリアできました!


正直切り分けても差が無いのではないかと思っていましたが、

写真からわかるようにどの部位も少しづつ異なる特徴があり

一匹をただお刺身で食べるよりも遥かに!!楽しくいただくことができました!!


スーパーなどで丸々一匹分のフィレは中々売っていませんが、

基本的にスーパーのものは背中側と腹側で縦に分けられて売られている場合が多いです。


お肉の味を味わいたい場合は背中側、脂を楽しみたい場合は背中側など

ただサーモンを買うよりもワクワク感が増すのではないでしょうか!


今後は全国の国産サーモンを実際に食べてレビューしたいと思います!!

193回の閲覧

​Copyright 2018 株式会社セイフサーモンジャパン

​静岡県富士宮市大中里755-1